Newsaramaより
「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のプロデューサー、クリストファー・ミラーは、次作におけるAI利用についてファンが心配する必要はないと述べています。

「親愛なる@SonyAnimationへ」と、あるファンはミラー氏と共同プロデューサーのフィル・ロード氏を投稿にタグ付けして書きました。「ジェネレーティブAIを『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』から遠ざけてください。AIは人々の仕事を奪い、汚物を生み出すだけです。私たちはこの映画、あるいはどんな映画にも近づいてほしくありません。映画製作のプロセスから遠ざけてください。ありがとうございます。」

ジェネレーティブAIは最近、オンラインや映画、テレビ、ビデオゲームに登場するものが増えるにつれて懸念材料となっています。インディーズホラー映画「Late Night with the Devil」は、映画内に登場する3つの画像にAIを使用したことで今年初めに批判にさらされました。ソニー・アニメーションの「スパイダーマン:スパイダーバース」と「スパイダーマン:スパイダーバース」をプロデュースしたミラー氏は、今後のプロジェクトにAIを使用するつもりはないと述べています。

ミラー氏はすぐに、「『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』にはジェネレーティブAIはありませんし、今後もありません。この映画の主な目標の1つは、スタジオCG映画ではかつて見たことのない新しいビジュアルスタイルを生み出すことであり、他のアーティストの作品の一般的な盗作の平均を盗むことではありません」と応えました。

「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」の公開日はまだ決まっていませんが、以前は2024年3月29日に劇場公開される予定でした。歌手d4vdは最近、同作の2025年公開の可能性を示唆しましたが、同作への関与はまだ確認されていません。

詳細については、2024年以降の今後の最もエキサイティングな映画のリストをチェックしてください。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/23 14:23:42時点 Amazon調べ-詳細)