Newsaramaより
『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』の続編『スパイダーマン:ビヨンド・ザ・スパイダーバース』について、プロデューサーであるフィル・ロードとクリス・ミラーがゴールデン・グローブ賞のレッドカーペットで興味深いアップデートを披露しました。彼らは、マイルス・モラレスの旅の最終章は、彼が『スパイダーバース:スパイダーマン・アクロス・ザ・スパイダーバース』の結末後、どのような心境にあるかについての洞察を与えながら、ふさわしい別れになることを約束しました。

「とても満足のいく結末になります」とロード氏はデッドラインに語りました。「マイルス、グウェン、ピーター・B、[そしてマイルズの]両親の関係をさらに深く掘り下げます」また、すべての主要キャラクターがスパイダーバース三部作の最後の送別会に戻ってくるとも約束しました。

ロード氏は、マイルスが別の世界の自分自身と同じ顔をした敵と戦う、2作目の衝撃的な結末についても言及しました。しかし、このバージョンのマイルスはスパイディではなく、プロウラーです。この別の世界に閉じ込められた彼は、スポットとの衝突事故で命を落とす運命にある父親を救う時間がなくなっていきます。

「[『ビヨンド・ザ・スパイダーバース』における]マイルスにとって興味深い重要なことは、裏切りにどう対処し、それを肯定的なものに変えるかです」とロード氏はデッドラインに語っています。「そして、私たちがこれらの映画でやろうとしていることは、善を表現し、映画の中のキャラクターたちがマイルスに示す愛が、彼の成長と成功につながることを示すことです」

『ビヨンド・ザ・スパイダーバース』は当初2024年に公開される予定でしたが、公開日が延期されました。現時点では未定ですが、昨年12月の時点で制作が進められています。スパイディがスクリーンに再び登場するまでには、そう長くはかからないでしょう。

それまでの間、今後の新しいスーパーヒーロー映画や、マーベルのタイムラインに関するガイドをチェックしてみてください。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/23 14:23:42時点 Amazon調べ-詳細)