Newsaramaより

人気コミック出版社 BOOM! Studios が、ペンギン・ランダム・ハウス社に買収されると、Deadline が報じています。BOOM! は、マンガに特化した Inklore や SF の出版社である Del Rey などのインプリントとともに、出版社大手のランダム・ハウス・ワールズ部門に組み込まれます。

BOOM! Studios の共同創設者兼会長であるロス・リッチー氏は、今回の契約について「起業家にとって、会社を立ち上げ、構築し、最高の企業に売却することは夢です。世界で最も優れた大規模な出版社に BOOM! の経営権を引き渡すことに興奮しています。彼らの読者と小売店のパートナーシップへの注力が、私たちの取り組みの上に構築され、クリエイターがさらなる成功を収めるのに役立つでしょう。個人的にも、ようやく家族と必要な時間を過ごし、次の一歩を模索する時期がきました」と述べています。

ランダム・ハウス・ワールズの社長であるスコット・シャノン氏は、次のように付け加えています。「ここ数年、ランダム・ハウス・ワールズはさまざまなプロジェクトで BOOM! Studios と提携し、最高のコミック出版を直接目の当たりにしてきました。ロスとそのチームは、多様で才能あるクリエイターのためのダイナミックで想像力豊かな拠点を作りました。BOOM! Studios を私たちの家に迎え入れ、この想像力豊かなチームと力を合わせて働くことに胸が高鳴っています。」

また、この買収は「ペンギン・ランダム・ハウスがダイレクト・コミック市場への支援を拡大する重要なステップであり、すべての分野のクリエイターにとって最高の出版社となるという私たちの取り組みの重要な部分である」と述べています。

今回の買収にもかかわらず、現時点では BOOM! での業務は通常通り継続されるようです。ただし、BOOM! の出版およびマーケティング部門の社長であるフィリップ・サブリック氏は同社を退社したと伝えられています。BOOM! は編集および出版の独立性を維持し、引き続き同社社長のスティーブン・クリスティが率いるロサンゼルスのオフィスを拠点にします。同様に、BOOM! のタイトルは引き続きダイヤモンド・コミック・ディストリビューターズとサイモン・アンド・シュスターの両方を通じて流通されます。

BOOM! は 2005 年にロス・リッチー氏とアンドリュー・コスビー氏によって設立され、主にスーパーヒーローのジャンル以外のコミックを出版することを目的としていました。ジェームズ・タイニオン IV とウェルサー・デル・エデラのホラー作品「Something is Killing the Children」、キアヌ・リーブスの「BRZRKR」(2021 年の第 1 号は 2015 年以降で最も売れた単一コミック号)など、話題作で大きな成功を収めてきました。同社は「パワーレンジャー」、「ファイアフライ」、「ラビリンス」など、数多くの有名なライセンスも保有しています。買収は今年の夏に完了する予定です。

キアヌ・リーブス氏は、コミックに参入した最初の有名人ではありませんし、最後でもありません。コミックを執筆・作画した著名な有名人のリストをご覧ください。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)