Newsaramaより

フランス系アメリカ人の伝説的コミックおよびグラフィックノベル出版社「ヒューマノイズ」が今年設立50周年を迎えます。アニバーサリーの祝賀イベントの一環として、フィリップ「カザ」カザマユーによるSF叙事詩「アーカディと失われたタイタン」が史上初の英語訳で登場します。カザマユーは、メビウスやアレハンドロ・ホドロフスキーのコミックと比較される、ヘビーメタルとメタルユルランのページで知られています。

「アーカディと失われたタイタン」は、500ページを超える大作で、作者が完成させるのに約20年かかりました。停止した荒涼とした未来の地球を舞台に、生き残った人間たちが生き残りをかけ戦います。若き英雄アーカディは「浄化の試練」に参加し、惑星の生存に不可欠な行方不明のタイタンサイボーグを探す危険な旅に出なければなりません。

この本はキックスターターで発売され、標準版とデラックス版の両方で販売されます。支援者にはさまざまな特典が提供されます。カザにインタビューして、アーカディについて、なぜ制作に時間がかかったのか、この傑作をより幅広い読者に届けることがどのようなものかを詳しくうかがいました。

ニュースラマ: アーカディと最後のタイタンのお話から始めましょう。どんな話ですか?
カザ: 長い話です!世界は遠い未来の地球で、回転が同期しています。つまり、月は地球の周りを回るように、常に同じ方向に太陽に向かって回転しています。その結果、片方の半球は暑く、もう片方の半球は氷に覆われます。その間の「薄明かり」では、常に風が吹いています。人々は生ぬるい場所で、迷信的な儀式に凍りついた原始的な生活を送っています。唯一、夜極の氷の下に埋もれたテクノロジー都市が残っています。ここでは、「選ばれし者たち」はロボットとコンピュータ、つまり「機械神」であるタイタンの助けを借りて生活しています。

これらのタイタンの1人であるオルフェは、選ばれし者の夢のスクリーンを司るサイボーグ詩人です。しかし、彼は野外に姿を消してしまい、彼がいなくなると、都市は衰退していきます。

そしてアーカディとは誰ですか?




created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)