Newsaramaより

マーベルの「スパイダーバース」シリーズ、特に映画とコミック「エッジ・オブ・スパイダーバース」の人気は根強く、誰もが「スパイダーバース」を愛していることは明らかです。しかしついに、マーベルコミックスはスパイダーバースサーガの「最終進化」を予告しました。その名は「スパイダーソサエティ」。マルチバース全体から集結した脅威のスパイディヴィランと、歴代のすべてのスパイダーマンがチームを組んで対峙する、限定コミックシリーズです。

4号限定シリーズ「スパイダーソサエティ」は、アレックス・セグラが執筆し、スコット・ゴドレウスキーがアートを担当します。長年にわたりマルチバースのあらゆる場所から新しいスパイディバリアントを紹介してきた「エッジ・オブ・スパイダーバース」のタイトルから紡ぎ出されます(そしてお気に入りのキャラクターも登場します)。すべてのスパイダーマのバリアントとそれ以上の存在が「スパイダーソサエティ」で一つになり、スパイディの古典的な敵であるシニスターシックスにちなんで名付けられたマルチバースの悪役「シニスタースカドロン」と戦います。

セグラは「エッジ・オブ・スパイダーバース」の複数の巻にわたるいくつかのストーリーのライターとして、スパイダーバースに精通しています。一方、ゴドレウスキーは最近、MCUでカマラを演じるイマン・ヴェラーニと共作したコミック「Ms.マーベル:ミュータントメナス」のアーティストとして名を上げています。

「『ウェブ・オブ・スパイダーマン』と『エッジ・オブ・スパイダーバース』で、『スパイダーソサエティ』への期待を煽り、作り上げてきました。読者の皆様が私たちが集めたスパイダーヒーローの素晴らしいロースターを楽しんでくださり、新しくも不気味に馴染みのある脅威に立ち向かうことを祈っています」とセグラは述べています。「スコット・ゴドレウスキーは、私たちのスパイダーバースの冒険に命を吹き込む完璧な人選であり、スパイダーマン2099からスパイダーラーメンに至るまでのスパイダーヒーローに対する彼の見解は的を得ています。読者の皆さんは、サプライズと楽しいキャラクターの瞬間が満載の、野生のマルチバースの旅を楽しんでもらえるでしょう。8月の到来が待ち遠しいです!」

「スパイダーソサエティ」第1号は8月14日に発売され、ピート・ウッズによるメインカバーとスタンリー「アートジェム」ラウによるスパイダーグウェンバリアントが用意されています(両カバーは上記を参照)。

「スパイダーソサエティ」には、マルチバースから集めたスパイダーマンの奇妙なバージョンのいくつかが含まれることを期待しています。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/13 14:10:32時点 Amazon調べ-詳細)