Newsaramaより

「アメイジング・スパイダーマン」の新たなクリエイティブチームが発表されました。単なるライターとアーティストの交代ではなく、一連のライターとアーティストが今年の後半から始まる10号のストーリーを引き継ぐことになります。

「8 Deaths of Spider-Man」と題されたこのストーリーは、スパイダーマンのベテランであるジョー・ケリーと、現在「Blood Hunt」のタイインコミックでスパイダーマンを担当しているジャスティナ・アイルランドが執筆します。アートに関しては、マーベルはエド・マクギネス(現ライターのゼブ・ウェルズの一部を引き継ぐ)とグレブ・メルニコフを指名しました。メルニコフは最近、DCのロビンや他のキャラクターに関する作品で知られています。マーベルは他にも、まだ発表されていないクリエイターの参加を約束しています。

「ゼブ・ウェルズの画期的なランに続き、ライターのジョー・ケリーとジャスティナ・アイルランド、アーティストのエド・マクギネスとグレブ・メルニコフが、「8 Deaths of Spider-Man」というタイトルの新しいスパイダーマンエピックをお届けします」とマーベルによる発表には記されています。「この秋に始まる10号のストーリーアークに関するさらなる情報は、今後数週間でお知らせします!そして、ジョン・ロミータ・ジュニアとアメイジング・スパイダーマンの今後を知るために、読み続けてください!真の信者よ!」

マーベルがジョン・ロミータ・ジュニアを新しいスパイダーマンチームの発表にまだ絡めていながら、ゼブ・ウェルズには触れていないのは興味深いことです。これはロミータが何らかの形でスパイダーマンに関わり続けることを意味するのでしょうか?

また、マーベルは新しいアメージング・スパイダーマンの展開はリランチではなく、タイトルの現在のナンバリングが続くと示唆しているようです。これは、近年マーベルがクリエイティブチームを変更する際には珍しいことです。しかし、マーベルが切り替え時に新しいアメイジング・スパイダーマン#1を発表する時間はまだあります。

現在のライターであるゼブ・ウェルズとロミータは、今年の後半に離脱し、アメイジング・スパイダーマンの次の時代は「今年の秋」に始まる予定です。続報にご期待ください。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)