Newsaramaより

「ウィッチャー」は今や絶大な人気を誇るビデオゲームおよび実写ストリーミングシリーズとなっていますが、その起源は作者アンドレイ・サプコフスキの短編小説のオリジナルコレクションに遡ります。ダークホースブックスは、ウィッチャー関連コミックシリーズの継続として、また別のオリジナル短編をハードカバーのオリジナルグラフィックノベルとして「ウィッチャー:世界の果て」に脚色しています。

「世界の果て」は、リヴィアのゲラルトの初期の冒険の物語に掘り下げ、彼がデーモンの性質についての驚くべき真実を知るという内容で、作家マグダレナ・サリック、アーティスト・トマッソ・ベナート、カラーリスト・クリス・オハローラン、レタラー・ハサン・オッツマン・エルハウによってコミックに脚色されています。

「ウィッチャー:世界の果て」に関するダークホース社の説明では、「ゲラルトの仕事は困難だ。そして、彼吟遊詩人の旅仲間ダンダリオンにとって、退屈な旅は彼の韻文やバラードに値するテーマではない」とされています。

「彼らが知られている世界の果てに旅立つと、町の人々は多くの物語を語ります。しかし、それらはすべて、モンスターや迷信の語り口に過ぎないように思われます。ゲラルトを跡形もなく消え去った悪魔のニュースであるという知らせを持ち、悪魔を追い払いますが、決して、いかなる状況下でも殺してはなりません。果たして、悪魔などいないのに、ゲラルトはどうやって生き物狩ることができるのでしょうか?」

「世界の果て」は、アンドレイ・サプコフスキの「最後の願い」というコレクションから脚色されたダークホースのウィッチャーの短編物語の3作目です。

「世界の果て」は私のお気に入りの「ウィッチャー」の物語の一つです。理由は、登場人物がバラエティーに富んでおり、逆説的だからです。誰もが悪魔や妖精について何らかの考えを持っていますが、それらにはさよならを言います。この物語では、サプコフスキが英雄や悪役、そしてプロットの展開についてのあなたの既成概念と戯れています」と作家マグダレナ・サリックは説明しています。

「私にとって、これは有史以来最も賢明な短編小説の一つであり、このシナリオの典型的なファンタジーのクエストのバージョンをはるかに超えています。『ウィッチャー』が好きなことはすべて揃っています。ジョーク、クエスト、たくさんのアクション、魅力的なキャラクター。しかし、それらとは別に、ユーモアと熟慮を誘う強いメッセージもあります。言い換えれば、予期せぬことを期待して楽しんでください。」

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/23 14:23:42時点 Amazon調べ-詳細)