Newsaramaより

エレクトラはマット・マードックと一緒にデアデビルを務めていますが、ライターのエリカ・シュルツ、アーティストのマイケル・ダウリング、カラーリストのディー・カニンフ、レタラーのクレイトン・カウレスによるデアデビル:ウーマン・ウィズアウト・フィア#1では、彼女が再び単独で新しい限定シリーズに出撃します。

デアデビル・ウーマン・ウィズアウト・フィア#1からインテリアページのプレビューが公開されています。新しいパニッシャーであるジョー・ギャリソンとの今後の戦いに向けてリードアップされています。

確認してみましょう。

「デアデビル#11の衝撃的な出来事の後、デアデビルの仲間はかつてないほど脆弱になっています」 マーベルのデアデビル:ウーマン・ウィズアウト・フィア#1の公式の説明はそう述べています。「生き残ることができれば、デアデビルとして街を救うだけでなく、愛する人々を守るという責任がエレクトラとマット・マードックにかかっています。彼らはマーベルユニバースで最も危険で暴力的ないくつかの脅威に狙われているのです!」

今週発売されたデアデビル#11では、キングピンとしてのウィルソン・フィスクの復活と彼の悪魔的な憑依がエスカレートし、フィスクは危険な新しい能力を披露し、おそらくマット・マードックに関する秘密の知識も持っています。

「エレクトラはマットとはまったく異なるデアデビルだと思います。育成が異なることは別として、それぞれがホーンに至るようになった経緯も違いますが、エレクトラはマットとは異なる使命感を抱いています」とウーマン・ウィズアウト・フィアのライター、エリカ・シュルツはNewsaramaに語りました。

「マットは常に贖罪の気持ちを持っています。エレクトラは彼と同じように罪悪感を感じていないので、モチベーションが異なります。」

「彼らはただ世界をまったく異なる視点で見ているという事実に集約されていると思います」と彼女は続けます。「彼女はマットとの約束のために殺すことを止めましたが、時々個人的な挑戦だと感じています。相手を殺すのは簡単ですが、それ以外のやり方で行動するのは挑戦であり、彼女はそれを受け入れています。」




created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)