Newsaramaより
マーベルの1998年のアクションホラー映画のリブートに奮闘する姿に対し、ブレイド主演のウェズリー・スナイプスがからかうような発言をしたようだ。最近、監督のヤン・デマングルが降板したことが発表された。

先月、デマングルが降板したことで、この映画は新たな問題にぶち当たった。ホワイト・ボーイ・リックやトップ・ボーイを手がけたデマングルは、2019年7月に正式発表されて以降降板した2人目の監督となった。デマングルが就任する前は、モグル・モグリの監督であるバッサム・タリクが監督に内定していたが、スケジュール上の衝突により降板している。

スナイプスはツイッターで、「ブレイド、おいおいおい」とからかい、横目で睨む絵文字を添えた。「みんなまだ秘策を探してるんだ、雪道の交通の中でスノーモービルに乗ってるんだ、ちょっと酷だよね。デイウォーカーは簡単そうに見えるかもね、そうじゃない?」

1990年代後半、スナイプスはブレイドのタイトルキャラクターを演じた。彼は、独自の半人半吸血鬼の能力を使って、血を吸う者を狩る。彼が自分の種を嫌う理由は?彼の母親は妊娠中に吸血鬼に襲われ、出産時にその傷が原因で亡くなった。映画の中、ブレイドは血の神ラ・マグラを解き放ち、世界から人類を消し去ろうとする吸血鬼ディカーン・フロスト(ステファン・ドーフ)と対峙する。

スティーヴン・ノリントン監督、ニュー・ライン・シネマ配給(マーベル・スタジオは2012年8月までキャラクターの権利を保有していなかった)のこの映画は商業的に成功を収め、世界中で1億3,100万ドル以上の興行収入を上げ、ブレイド2(ギレルモ・デル・トロ)、ブレイド3(デヴィッド・S・ゴイヤー)という2つの続編が生み出された。

マーベルがブレイドの続編にマハーシャラ・アリを起用したことが『エターナルズ』のエンドクレジットシーンで明らかとなり、彼はキト・ハリントンのデーン・ウィットマンがエボニーブレイドを操る用意があるかどうかをスクリーンの外から質問する。彼はブレイドの単独映画で再びこの役を演じ、共演者としてデルロイ・リンドー、ジョン・ウェスト・ジュニア、ミラン・レイ、ミア・ゴスが名を連ねている。

現在、マーベルのブレイドの公開は2025年11月7日を目標としているが、現時点ではやや不透明感が漂っている。続報をお届けする。それまでは、マーベル・フェーズ5の今後についてご覧いただきたいと思います。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)