Newsaramaより

「アメイジング・スパイダーマン」がついに公式にリリースされ、約束通り、ノーマン・オズボーンのグリーン・ゴブリンの悲劇的な復活が描かれています。また、マーベルが予告していた、ピーター・パーカーのスパイダー・ゴブリンへの変身も描かれています。

しかし、これはどのようにして起こったのでしょうか?ピーターとノーマンの両方がゴブリンの恐ろしい肩書を引き受けたとき、運命はどのような悲劇的な転換をもたらすのでしょうか?今すぐすべてを明らかにします。

「アメイジング・スパイダーマン」#50は、マーベルにとって今日では珍しいマイルストーンです(進行中のシリーズが50号に達します)。この機会を記念して、ライターのゼブ・ウェルズ、アーティストのエド・マクギネス、インカーのマーク・ファーマー、カラーリストのマルシオ・メニーズとエリック・アルシニエガ、レタラーのジョー・カラマンナが、スパイダーマンと復活したグリーン・ゴブリンとの大規模な対決を描いています。

ノーマンは、彼の精神から形而上学的ダークサイド(別名グリーン・ゴブリン)が浄化されて以来、長年にわたってピーター・パーカー/スパイダーマンの親しみやすく悔い改めた同盟者でした。しかしピーターは「アメイジング・スパイダーマン」#50で、その日々は終わりを迎えたことを知ります。

ノーマンの一部はピーターと同じように彼の凶悪な分身に恐怖しているように見えますが、ゴブリンの面は戻っており、スパイダーマンに対して最新の捻じれた計画を実行する準備ができています。

ノーマンの最近の変身はすべて、かつて女王ゴブリンとハンター・クレイヴンが使用していた、かつて彼の「罪」の本質を持っていた槍に遡ります。ピーターは槍で刺され、ノーマンのダークサイドに感染し、激しい大暴れを引き起こしました。

しかし、彼は最終的にオズボーンによって救われ、すべてを槍に戻し、クレイヴンの空の墓に埋葬しました。


created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/13 14:10:32時点 Amazon調べ-詳細)