Newsaramaより
『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』は、今年公開された最高の映画の一つです。続編を待ちきれない方に朗報ですが、三部作の完結編が順調に製作されているようです。

7月に、『スパイダーマン:ビヨンド・ザ・スパイダーバース』は、全米脚本家組合(WGA)ストライキと全米俳優組合(SAG-AFTRA)ストライキの影響で無期限に延期されました。しかし、現在は製作が再開しているようです。

プロデューサーのクリストファー・ミラーは上映会で、「製作中です…ストーリーの展開にとても興奮しています」と語っています。「三部作のとても満足のいく結末になっていると思います。感情的にも、他の作品と同じか、それ以上になっていると言えるでしょう…製作に没頭しています」

『アクロス・ザ・スパイダーバース』は、マイルス・モラレスが全く別の宇宙――そこで彼はプロウラーになる――にたどり着くという大きなクリフハンガーで終わりました。

共同監督のケンプ・パワーズは最近GamesRadar+に、「『ポッターズヴィル』や『素晴らしき人生』のような瞬間です。いつでもテーマは同じでした――マイルスが力を得なかったら、彼はどうなるだろう――しかし、オリジナルにはそれほどのインパクトはありませんでした」と、大きな展開について語りました。「当初は、別の宇宙ではマイルスの叔父であるアーロンがプロウラーになる予定でした。マイルスはアーロンの相棒、ロビンとして登場させましたが、彼がプロウラーになることで全く違う感情が生まれました。オリジナルを上映したとき、人々はそれを理解できず、コーンロウをつけたもう一人のマイルスがいるだけだと思い、何が起こっているのか疑問に思いました。しかし、プロウラーが登場したことで、人々は驚き、それが象徴する多くのものを理解しました。その後、映画全体でプロウラーへの言及をちりばめました」

『ビヨンド・ザ・スパイダーバース』はまだ公開日が決まっていません。続編を待つ間、今後公開される主要映画の全リストを見て、劇場への訪問の計画を立ててください。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/23 14:23:42時点 Amazon調べ-詳細)