Newsaramaより
ミュージシャンのd4vdが、自身は『スパイダーマン:ビヨンド・ザ・スパイダーバース』に関わっており、来年にも公開される可能性があることを示唆しています。

最近、『インビンシブル』のサウンドトラックに出演したd4vdは、TikTokで最新情報を共有しました。彼は、「年に1曲しかハッピーソングを作らない」とジョークを言うファンの動画に返信するビデオを投稿しましたが、ファンの興奮を呼んだのはキャプションでした。「スパイダーマンが公開される来年また会いましょう」と書かれており、彼が『ビヨンド・ザ・スパイダーバース』のサウンドトラックに参加し、2025年に公開されることを示唆しています。

現時点で、『スパイダーバース』の最終作の公開時期に関する公式な確認はありません。2024年の公開予定でしたが、昨年は無期限で延期されました。クリエイターも慎重な姿勢で、最高の作品にするためにこれらの映画の制作には長い時間がかかることを明確にしています。

しかし、2023年12月の時点で製作が進んでいることは明らかであり、2025年の公開は可能性がないとは言い切れません。少なくともこの予告で一部のファンはすでに大興奮しています。「スパイダーマン、来年公開なの?」とあるファンは書き込み、別のファンは「このキャプションでスパイダーマンをリークしちゃったじゃん」とジョークで反応しています。3人目は、「これが本当なら、準備はできてる」とコメントしています。

現時点での公式な最新のアップデートは、エグゼクティブプロデューサーのクリストファー・ミラー氏によるもので、映画の制作が進んでいることを確認しています。ミラー氏は、「物語の展開にとても興奮しています」と述べ、「三部作のとても満足のいく結末になっていると思います。前作と同じくらい、いやそれ以上にエモーショナルなものになっています…ただただ熱中しています」と語っています。

現在判明している公開予定のスーパーヒーロー映画はこちらをご覧ください。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/23 14:23:42時点 Amazon調べ-詳細)