Newsaramaより

ヴェノム役のトム・ハーディが、長年一緒にやってきたケリー・マーセルとスタントマンのジェイク・トムリに感謝を表明しました。SAG-AFTRA同盟のストライキ後、フランチャイズの第3弾の撮影が再開されることを祝い、です。

ハーディは今作を「最後のダンス」と表現し、これがマーベルのアンチヒーローとして最後の出演になると推測されています。11月24日にInstagramでマーセルとトムリと一緒に撮影した写真をシェアし、「撮影に復帰できてホッとしています。この旅路で、V1からここまで、すべてのチームに感謝したいと思います」とキャプションを添えました。

「素晴らしいキャストとスタッフ」に感謝し、「仕事にはいつも大変な局面がありますが、自分がやっていることに情熱を注ぎ、素晴らしい素材とあらゆる面からのサポートがあれば、大変さを感じません」と続けました。さらに、「才能と情熱に溢れた部門、愛する人々に囲まれていれば、それ以上のことはありません」と述べました。

その後、マーセルを特別に賞賛し、2018年の第1作で監督を務めたルーベン・フライシャーと、3年後の続編「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」で監督を務めたアンディ・サーキスから監督を引き継いだ彼女の成長を誇りに思っていると語りました。

「光栄です」とハーディは述べ、「自分の直感を信じてください。あなたの直感はいつも当たっています。一流です。100%、あなたを応援します。いつでもあなたと一緒に仕事をするのが大好きで、毎回、より大きな課題に挑戦するのを見るのが最高です」と語りました。

ハーディは最後に、ユーモアを交えて「親愛なる友人、フェイス・プラント・チーフオペレーターで兄貴分のジェイコブへ、相変わらず俺そっくりだぜ。最高の旅を!」と付け加えています。

現時点で「ヴェノム3」のストーリーは不明ですが、第2作の最後で刑事のパトリック・マリガン(スティーブン・グレアム)が、ナオミ・ハリスが演じるヴィラン、シュリークの超音波能力を吸収していたのを覚えておくとよいでしょう。もちろん、エンドクレジット後のシーンでは、エディとヴェノムがトム・ホランドが演じるスパイダーマンが存在する宇宙に謎めいた形で移動するシーンもあり、次の映画につながる可能性があります。時間が経てば分かるでしょう。

「ヴェノム3」は2024年11月8日に公開されます。当初の予定日だった2024年7月12日から延期されました。詳しくは、近日公開予定のスーパーヒーロー映画の一覧をご確認ください。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/23 14:23:42時点 Amazon調べ-詳細)