Newsaramaより
ニコラス・ケイジが、今後のスピンオフ作品でスパイダーマン・ノワール役を再び演じることが決定し、ファンの期待を煽っている。

ケイジは当初、アニメ「スパイダーマン:スパイダーバース」でこの役を演じましたが、今回の新作は実写版となります。

ケイジは「New Yorker」誌に対して、「これは全く新しい作品となるでしょう。リヒテンシュタインの絵画のようなポップアートの寄せ集めで、きらめきのある作品にしたいと考えています」と述べています。「見ていて楽しいものになるでしょう。『ピッグ』とも『ドリーム・シナリオ』とも異なります。でも、そのような作品はいくつあるでしょうか?私は50代後半になってようやくそれらを見つけられたのですから、幸運だと思っています」

スパイダーマン・ノワールの実写化は2023年2月に初めて明らかにされましたが、ケイジの参加が確定したのは2024年5月でした。「22 ジャンプストリート」の脚本家であるオーレン・ウジエルが脚本を担当し、共同ショーランナーを務めます。「パニッシャー」のスティーヴ・ライトフットも共同ショーランナーを務めます。ウジエル、ライトフット、フィル・ロード、クリストファー・ミラー、エイミー・パスカル、ハリー・ブラッドベアーがエグゼクティブ・プロデューサーを務めます。

番組の説明書によると、このシリーズは「1930年代のニューヨークで、齢を重ねて不運に陥った私立探偵(ケイジ)が、街唯一のスーパーヒーローとしての過去と向き合わざるを得ない」という内容になります。スパイダーマン・ノワールが実写で登場するのは初めてとなるため、番組の公開時には新鮮な感触が期待できます(残念ながら、現時点では公開日は発表されていません)。

ケイジは次に、映画「ロングレッグス」に出演し、映画館を恐怖に陥れるとされています。

「スパイダーマン・ノワール」を待ちながら、今後公開されるすべての実写スーパーヒーロー映画を紹介するガイドをチェックして、続報に備えてください。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)