Newsaramaより

「キラダフィリア」のアイズナー賞ノミネート作家、ロドニー・バーンズが、バットマン:フルムーンでDCシリーズに初登場します。これは、「リドラー:イヤーワン」のアーティスト、ステバン・スビッチとの共同制作による新たなDCブラックレーベルコミックです。全4号からなるこのシリーズは、17歳以上の読者を対象としており、ハロウィンの直前にリリースされる予定です。DCはこれを「痛みと贖罪の恐ろしい物語」と表現しており、ダークナイトが恐ろしい人狼と対決することになります。

フルムーンの各号には、スビッチによる暗闇で光るメインカバーが付属します。これは単純なギミックと思われ、「痛みと贖罪」とはかけ離れているように見えますが、それでもかなりクールです。下部のギャラリーでは、#1のカバーに加えて、マイク・パーキンスとフランチェスコ・フランカヴィッラのバリアントをご覧いただけます。スティーブ・ビーチによるさらに別のバリアントが近日発表される予定です。

フルムーンでは、「古代かつ超自然的な力がゴッサムシティの通りをうろついています。その人狼は非常に強力で、バットマンの最も信頼できるリソース、つまり彼の優れた頭脳と広範なガジェットを無視します。しかし、バットマンの肉体的な強さと回復力だけで生き物を確実に倒すことができるのでしょうか?それともこの戦いで彼は骨まで削り取られてしまうのでしょうか?ザターナのような強力な魔法の同盟者でさえ、ダークナイトはこの戦いを無傷では乗り切れないかもしれないと警告しています。」

物語は魅力的に聞こえ、バーンズは素晴らしい作家ですが、フルムーンの魅力は何よりも、スビッチの深く雰囲気のあるアートにあります。以下に、第1号からいくつかの見事なページを初めてご紹介します。見た目は完全にゴージャスです。

もちろん、バットマンが人狼と戦うのはこれが初めてではありません。彼は1939年に、オオカミに変身できる悪役のマッド・モンクと格闘しました。また、1974年のバットマン#255では、アンソニー・ルーパスという名がわかるものとも戦いました。最近では、ブルース・ウェインはディテクティブ・コミックス#1068で、人狼を防ぐためにバットスーツにナノシルバーが注入されていることを明らかにしました。彼は本当にあらゆることを考えているんですね。

バットマン:フルムーン#1は、DCから10月9日に発行されます。


created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)