Newsaramaより

『バットマン』#149(昨日DCより発売)は、ある意味でライターのチップ・ズダースキーが手掛けた同コミックス全体のエピローグのように感じられる。未解決だった問題が解決され、ダークナイトに明るい未来が約束される新しい現状が確立された。

同時に、予想外に人間的なドラマを中心に置いて、親しみやすい小規模な物語でもある。ブルースがザール・アン・アールによって生み出された自身のクローンと向き合う時がついに訪れた。しかし、壮大な戦いが繰り広げられるのではなく、この号の大部分は単に同一人物の2バージョンが会話する姿が描かれており、それは素晴らしいものだ。

この号は、バットマンがフェイルセーフを倒してから2週間後に幕を開ける。ゴッサムに新しい自警団員が登場する。ザール・アン・アールが作り出した邪悪なロビンだ。前回見たときよりも少し年をとっているが、依然として街に容赦ない正義をもたらそうとしている。バットマンは彼を追跡し、クライム・アレイで(避けられない)ついに彼と対峙し、すぐに彼を打ち負かしてしまう。ブルースはクローン・ブルースをブラウンストーンに連れ戻し、そこですぐにザールのプログラムを彼の心から消去することができる。残念ながら、1つだけ明らかなことがある。クローンは急速に老化している。彼は問題に対する短期的な解決策として設計されており、実際の人間のように考え、感じていても、生きられるのは数週間だけだ。

バットマンはクローンの命を救おうと無駄な努力をする一方、ザールの支配下にいた時に失った記憶を取り戻し始める。彼は自分の邪悪な分身の隠れ家の1つを暴き、長い間ぶりにウェイン・エンタープライズに戻ると、何年も危険なほど現金が底をついていた後、再び億万長者になったことを知る。彼はこのお金を使ってクローン・ブルースの命を救うことができることを期待しているが、時間が尽きかけていることは明らかだ。それだけでなく、クローンは右手を切断され、保存されていた。これは、本物のブルースが『バットマン』#134で失った手を置き換えるために縫い付けることができるかもしれないことを示唆している。

ブルースは次の数週間のほとんどをクローンと一緒に過ごし、彼の死期に付き添う。クローンは終わりが近づくと、たとえ現在ヴァンダル・サベージのものだったとしても、自分の目でそれを確認するためにウェイン・マナーを訪れたいと願う。2人は訪問し、すべてを見て回り、クローンは最後に「良い人生だった。助けたり、助けられたりする人生だ」と言う。そして彼は、ブルース・ウェイン(彼の「父」、敵、そして最終的には彼の友人)のそばで安らかに息を引き取る。

これらすべてをきっかけに、本物のブルースは新たな目的意識を呼び起こされる。彼は荒廃したローモラー・マンションという新しい家を買い、自分の財産を有効活用することを決意する。ブルースはそれを改修してバットファミリーのための家にし、アルフレッドに敬意を表してペニーワース・マナーと改名し、クローン・ブルースをその敷地内に埋葬するつもりだ。

ブルースは自分の使命に再び取り組む意欲の表れとして、周辺ブロックも慈善団体のための低所得者向け住宅スペースに変えることを目的として購入する。「ブラウンストーンに住んで学んだことが1つあるとしたら、それはわれわれは街の中で、街の一部として所属しているということだ」と彼はある時点で言う。


created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)