Newsaramaより

最新作の「スターウォーズ」テレビ番組「アコライト」の第3話がディズニープラスで配信されました。公式の「スターウォーズ」Twitterアカウントによると、この番組の第2話「復讐/正義」では、マーベルの「スターウォーズ」コミックに絡んだ興味深いつながりが描かれています。

第2話で、暗殺者メーはジェダイマスターのトービンを殺そうとしますが、彼は静かに瞑想しており(地面から数フィート浮いています)、バラッシュ誓願を実践していることがわかります。これはジェダイ騎士団のメンバーが、誓いを立てて他の騎士団から離れ、フォースとの純粋な交信に集中するものです。

この言葉はマーベルの「ダース・ベイダー」コミックに由来し、特に2017年の#2で、ライターのチャールズ・ソウル、アーティストのジュゼッペ・カムンコリ、インカーのカム・スミス、カラーリストのデビッド・キュリエルが描いています。この号では、シスの暗黒卿がバラッシュ誓願を立てたジェダイの居場所を探し、暗殺の標的にすることを考えています。しかし、彼が捜索の末にジェダイマスターのキラク・インフィルアと対面したとき、ベイダーが期待したような格好の餌ではありませんでした。

この用語が現実世界で使用されたのはこれが初めてですが、「スターウォーズ」の世界では数百年前の高共和国時代(「アコライト」の舞台と同じ時代)に遡ります。ガンセバーという惑星での悲惨な任務の結果、多くの流血を招いたため、一時的にジェダイとしての活動を停止することを誓ったジェダイマスター、バラッシュ・シルヴァンにちなんで名付けられました。時が経つにつれて、さらに多くのジェダイがバラッシュ誓願を立てるようになりました。

誓願に従う悔い改めたジェダイがどれくらいの期間を過ごすかは決まっていないようです。「アコライト」のトービンは、10年以上もこの状態で瞑想していると言われています。その長い時間と、彼の臨終の言葉「許してください。私たちは正しいことをしていると思ったんです」から、メーが怒るには十分な理由があることは明らかです。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)