Newsaramaより
**蜘蛛の詩の続編が新たな冒険を届ける**

『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』に続いて公開される『ビヨンド・ザ・スパイダーバース』では、ホビー・ブラウン(ダニエル・カルーヤ)の世界が舞台となります。脚本・製作のフィル・ロードとクリストファー・ミラーは、デッドラインの「クルー・コール」ポッドキャストでこのニュースを発表しました。

「スパイダーパンクの世界を訪れるのは、『ビヨンド・ザ・スパイダーバース』で予定している多くのクレイジーな混在メディアの冒険のうちの1つです。これは視覚的にも全く新しい饗宴になるでしょう」と、このデュオはからかっています。

『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』ではスパイダーパンクのバックストーリーを垣間見ることができましたが、ホビーはグウェンがスパイダーパンクの無政府主義的な世界に時々訪れていたことも明らかにしていました。

「混在メディア」への言及は、特にドナルド・グローバーのプローラーとしてのサプライズ出演のような、さらなる実写のクロスオーバーやカメオを暗示している可能性もあります。実写のシーンをカットされた『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』も見ることができるでしょうか?期待しましょう。

『ビヨンド・ザ・スパイダーバース』は2024年3月29日に公開予定ですが、一部のファンのスパイダーセンスはピリピリしており、延期を予想しています。

証拠A:映画の公開日が公式のスパイダーバースTwitterアカウントから削除されました。スパイダーグウェンを演じたヘイリー・スタインフェルドがまだセリフを録音していないという事実と相まって、アース-42への帰還がわずかに延期されるのではないかと多くの人が疑っています。

一方、ソニーには今年公開予定の別のスパイダーマン中心のリリースがあります。アーロン・テイラー=ジョンソン主演の「クレイブン・ザ・ハンター」が10月6日に公開予定です。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/23 14:23:42時点 Amazon調べ-詳細)