Newsaramaより

カルト的人気を誇るSFテレビ番組「ファーケープ」が2024年に25周年を迎えます。4シーズンとミニシリーズで放送された、オーストラリア発の愛され続けるこのシリーズは、1999年に初めてテレビ画面に流れ、当時主流だった「スタートレック」フランチャイズとは異なる深い宇宙の冒険へのアプローチを提供しました。前者が平和と外交を求める宇宙のプロフェッショナルに焦点を当てていたのに対し、「ファーケープ」は無法者と犯罪者たちのクルーを描いていました。宇宙飛行士のジョン・クリッチトンと仲間たち(その中にはパペットも数人います)が酔っ払ったり、あるエピソードではおかしなことにエピソードをアニメで見たかのような幻覚を見たりするなど、エピソード全体が費やされました。つまり、これは一言で言えば素晴らしい作品であり、現在では25周年記念のコミック特集が発行されています。

これが、この特集の表紙用のスティーブ・モリスによるメインカバーであり、それに続いてヴィンチェンツォ・リカルディのバリアントと写真カバーが続きます。アリアル・オリベッティは4枚目の、まだ目にすることのできていない表紙を作成する予定です。

「ファーケープ」25周年記念特集は、アウトサイダーのジャクソン・ランシングとコリン・ケリー、ゴーゴーパワーレンジャーのシナ・グレース、サラ・ゲイリー、オリジナル「ファーケープ」コミックを執筆したキース・R・A・デカンドなど、コミックの才能によって、すべて新しい物語を発表するアンソロジーになります。

この特集はまた、14年ぶりの新しい「ファーケープ」コミックでもあります。このシリーズは2002年にワイルドストームで、2冊構成の限定シリーズ「War Torn」から始まりました。BOOM!は2008年にこのライセンスを取得し、いくつかの限定シリーズを発行し、24号まで続いた継続的なコミックを2010年に終了しました。BOOM!のコミックは一般的に、シリーズの正史の続きとみなされています。

「ファーケープ」25周年記念特集第1号は、BOOM!スタジオから8月28日に発行されます。

あなたのSFはもう少しダークなほうが好みですか?サイバーパンクホラーコミックの重要な5作品をご紹介します。


created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/23 14:23:42時点 Amazon調べ-詳細)