Newsaramaより

「ヴェノム:ラスト・ダンス」の初予告編が公開され、このスーパーヒーロー映画の三部作が期待通りに楽しく、奇妙な仕上がりであることは間違いない。奇妙なアクセント、シンビオートの駿馬が登場し、希望に満ちたマーベルファンの中には、ファンお気に入りのヴィランが登場するのではと予想する人もいる。

予告編では、「エディ、我が故郷が我々を見つけたのだ」と、ヴェノムがトム・ハーディ演じる人間ホストのエディ・ブロックにささやくシーンがあり、新しい作品でこのインクのような男のバックストーリーについて多くのことが明かされることを示唆している。どうやら、クリップの後半で彼らを追いかけるモンスターもクリンターであり、彼らの創造主であるナルが映画の最大の敵になる可能性が高そうだ。

コミックでは、ナルは本来、シンビオートを異界の物質「リビング・アビス」から作り出し、セルスティアルを殺戮した。闇の王国に光で侵略したセルスティアルと彼を脅かした他の神々によってナルが目覚めさせられたからだ。

シンビオートソードでセルスティアルの首を切り落としたナルは、地元の者が(「ソー:ラブ&サンダー」のヴィラン、ゴアを思い出す)武器を奪って無意識に彼の足跡を辿り、身元不明の惑星に取り残された。

その後、彼はハイブマインドのシンビオートドラゴン軍団の助けを借りて世界を征服する。しかし、2頭のドラゴンの地球への襲来が計画の邪魔をし、ソーがそのうちの1頭を倒したことでナルとのつながりが切れた。ソーシャルメディアをざっと見ると、読者たちは彼がスクリーン上で命を吹き込まれるのを見たいと思っていることは明らかだ。

「ヴェノム:ラスト・ダンスのポストクレジットシーンでナルを見たい!シンビオートの神様」

「クリンターのシンビオートはナルの命令を受けて行動し、エディを地球に置き去りにしてヴェノムを故郷に連れ戻すだろう」と、オンラインで予告編が公開された後に、ツイッターのあるファンが主張した。

「ヴェノムはナルとそのシンビオート軍団に殺されるか、あるいは全員を救うために犠牲になる」と、別のファンが推測した。

「ヴェノム:ラスト・ダンス」は10月25日に公開される予定で、当初の11月8日よりも少し前倒しされた。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/13 14:10:32時点 Amazon調べ-詳細)