Newsaramaより

待望の続編「ビートルジュース/ビートルジュース」が、ティム・バートンのオリジナルホラーコメディから36年を経て、2か月後に公開されます。マイケル・キートンは、幽霊のカップルによって家族を家から追い出すために雇われた混沌とした陽気な「バイオエクソシスト」役を再演し、ウィノナ・ライダーは成長したリディア役を演じます。また、バートン監督も復帰しており、レトロな楽しみがいっぱいの作品になりそうです。

新作映画の公開を記念して、DCでは8月から9月初めにかけて、「ビートルジュース/ビートルジュース」をテーマにした一連の特別版コミックカバーをリリースしています。これは商業的な連携の一環と考える人もいるかもしれませんが(DCは新作を公開するワーナー・ブラザースの子会社です)、いずれも素晴らしい出来栄えです。6つのカバーは機知に富み目を引くデザインで、特にバットマン#152の特別版では、キートンとキートンが共演し、ティム・バートンの古典的名作「バットマン」(1989年)にオマージュが捧げられています。

「ビートルジュース/ビートルジュース」特別版カバー付きの号は以下の通りです。

これらがすべてです。皆さんはどのカバーが一番お気に入りですか?

史上最高のバットマンの物語をご覧になりたい方は、ダークナイトのガイドをご覧ください。





created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)