Newsaramaより

トップ・ボーイのヤン・ドマンジュ監督がマーベルの今後のブレイド再起動プロジェクトから離脱し、この作品が2019年7月に発表されて以来、監督が降りたのは2人目となった。

ドマンジュ監督が降板した理由は不明だが、Deadlineによるとこの決定は「友好的」なものだった。同誌はまた、過去5年間この映画に関与してきたマハーシャラ・アリが、依然として吸血鬼ハンターになったブラッドサッカー役を演じる予定であると主張している。

主演俳優は依然として据え置きとのことだが、この映画はすでにいくつかの障害や延期を経験しており、さらに遅れる可能性が高い。ドマンジュ監督が契約する前は、ムガール・モウグリのバッサム・タリク監督が演出を担当していた。撮影は2022年7月にアトランタとニューオーリンズで開始される予定で、ミラ・レイ、デルロイ・リンドー、アーロン・ピエールが脇役としてキャスティングされ、マーベル社長のケビン・ファイギは2023年11月に公開されると宣言していた。しかし、9月にタリク監督はスケジュールの都合で降板し、エグゼクティブプロデューサーに降格した。

その頃、X-MEN ’97のボー・ド・マヨが新たにライターとして迎えられ、ウォッチメンのステイシー・オセイ・クッフォーによってペン書きされた脚本を微調整した。2022年11月にドマンジュ監督が迎えられた時には、マイケル・スターベリーが脚本に取り組んでいた。2023年4月には、トゥルー・ディテクティブのニック・ピゾラットが共同ライターとして参加し、撮影監督のマシュー・リバティークがダミアン・ガルシアの後任として迎えられた。

2023年11月1日、バラエティ紙は、マイケル・グリーン(『LOGAN ローガン』『エイリアン:コヴェナント』)が同作の新しい脚本をゼロから執筆すると報じた。

それ以来、ミア・ゴスがキャスティングされ、一方ピエールは降板した。エージェント・カーターのエリック・ピアソンが最新のライターとして参加している。

現時点では、ブレイドは2025年11月7日の公開を目指しているが、今では実現不可能に思われる。続報をお伝えします。それまでは、マーベル・フェーズ 5に今後登場するものすべてに関する私たちの情報をご覧ください。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)