Comicbook.comより

マーベルはイベント「キング・イン・ブラック」のタイインで「ヴァルキリー」が帰還することを明らかにした。全4号のミニシリーズ「キング・イン・ブラック:リターン・オブ・ザ・ヴァルキリーズ」はライターのジェイソン・アーロンとトゥルン・グローンベックにアーティストのニナ・ヴァクエバによって描かれ、ヌルが地球に向かう中で、最後のヴァルキリーとなったジェーン・フォスターはかつての強大なヴァルキリー軍団を再構築しなければならない。

ジェーンはヴァルキリー軍団を再構築し始め、アスガルド人の戦士ブリュンヒルデ、X-MENのダニ・ムーンスター、謎の4人目のヴァルキリーと共に開始する。

グローンベックは「この本に興奮していると言うのは、控えめな表現となる。私はジェーン・フォスターを書くのが大好きだが、今回はマーベル・ユニバースの中でも最もイカしたキャラクター達とチームを組むことになった。ダニ・ムーンスター、ブリュンヒルデ、そして・・・まあ、サプライズもあると言っておこう。『キング・イン・ブラック』の壮大で、暗く、恐ろしい狂気に合わせて、ヴァルキリーたちを未知の領域に連れて行き、彼らだけが戦える戦いへと導いていく。これは壮大な冒険になりそうで、皆に読んでいただくのが待ち遠しい。」と述べている。

「キング・イン・ブラック:リターン・オブ・ザ・ヴァルキリーズ」#1及び#2は2021年1月より発売。

created by Rinker
¥407 (2024/07/20 18:44:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥4,490 (2024/07/20 18:54:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す