Newsaramaより
ライアン・レイノルズは『デッドプール3』を『デッドプール&ウルヴァリン』にする前に、次作のアイディアに事欠かなかった。
EWとの新たなインタビューで、あるプロットは「3つの視点からなる『羅生門』スタイル」で、別のコンセプトは「サンダンスのインディーズ映画」のようだったと説明している。
レイノルズは「文字通り、500万ドルから600万ドルの予算で、特殊効果なし」と語っている。「僕と[カラン・ソーニ演じる]ドーピンダーだけの、おしゃべりしながらのロードトリップで、道中に集めたものや目撃したものが出てくるんです。大作映画とはかけ離れています。C地点に行く途中で、B地点に連れて行ってくれるだけ。一番風変わりだったね。でも気に入ったし、面白そうだったよ」
しかし、3番目の『デッドプール』のストーリーは少し予算が上がり、その代わりにレイノルズの演じるウェイド・ウィルソンは、お馴染みのヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンと組むことになる。このキャラクターは2017年の『ローガン』で最期を迎えたかもしれないが、マルチバースの魔法のおかげで、デッドプールがある任務を手伝うために帰ってきた。キャストには、他にも『サクセッション』のマシュー・マクファディンがTVAエージェントのパラドックス役、『ザ・クラウン』のエマ・コリンが、チャールズ・エグゼビアの双子の妹で悪役のキャサンドラ・ノヴァ役で出演する。
『デッドプール&ウルヴァリン』は、英国の映画館では7月25日、米国の映画館では7月26日に公開される。それまでの間、マーベルフェーズ5のガイドで、MCUの物語の最新情報を入手しておきましょう。最新の映画ニュース、特集、レビューをあなたのメールボックスにお届けします。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)