Marvelより

ついにデッドプールの再登場にあわせて、ロブ・ライフェルドがデッドプールの最終章を描きます。デッドプールの歴史に刻まれること間違いなし!

ComicBook.comにて本日発表された通り、ライフェルドは8月に発売される5号完結シリーズ「デッドプール・チームアップ」でデッドプールに関する最後の壮大なストーリーを描きます。

口達者な傭兵の愛らしい狂気をライフェルドほど捉えられる人物は他にいません。そしてデッドプールの定番スタイルどおり、ウェイドはこの最新のアクションとハイステークスの冒険で何も手加減しません。デッドプールの仲間たち、大人気の味方から死敵まで登場するだけでなく、「デッドプール・チームアップ」ではウェイドが彼以上に自由奔放な仲間たちを集めます!

助けが必要なときに雇うべき人物はデッドプール!しかしこの口達者な傭兵に助けが必要なときは、マーベルユニバースを越えて友人(あるいは敵)がやって来ます!失われたマーベルコミックのキャラクターが戻ってくるため、ロブ・ライフェルドが、ウェイド・ウィルソンをメジャーX、クリスター、ゴースト・スパイダー、ウルヴァリン、そしてインクレディブル・ハルクと初めてタッグを組ませ、壮大な物語を描きます。

ComicBook.comとのインタビューで、このプロジェクトの独占的初出画像をシェアしたライフェルドは、「誰もが、もっと深く知りたいと感じた、ある曖昧なキャラクターが登場するコミックを1冊持っています。私自身、そうしたコミックを数多く所有していますが、マーベルユニバースの最も深い部分からそれらを見出し、まったく新しい、破滅的な冒険の中心でデッドプールと対峙させました。」と語っています。

彼は続けます。「この作品は素晴らしく奇妙なもので、世界中の皆さんにお見せできることにとても興奮しています。おなじみのマーベルの顔ぶれをまったく新しい場所へ連れて行くことを約束します。『デッドプール・チームアップ』はここ何年かで私が最も楽しんで取り組んできた作品です!これを素晴らしい体験にしてくださったC.B. セブリスキーとマーク・バッソに感謝しています!」

デッドプール・チームアップ #1 (全5号)
ロブ・ライフェルド(脚本)
ロブ・ライフェルド(アートおよび表紙)
ロブ・ライフェルド(箔押しバリアント表紙)
8月28日発売
マーベルの主要なローンチタイトルすべてと同様に、「デッドプール・チームアップ #1」にはライフェルドが描いた特別な箔押しバリアント表紙があります。メイン表紙と箔押し表紙の両方を確認して、お近くのコミックショップで「デッドプール・チームアップ」を予約してください!

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/05/24 17:12:08時点 Amazon調べ-詳細)