Newsaramaより
**スパイダーマンのスピンオフ『シルク:スパイダー・ソサエティ』が制作中止**

Amazonは、複数の書き直しを経て、スパイダーマンのスピンオフ作品『シルク:スパイダー・ソサエティ』の制作を中止しました。

Deadlineによると、5年間制作が進められてきた本シリーズは、これ以上進行しません。ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンは、ショーランナーのアンジェラ・カン(『ウォーキング・デッド』)が手掛ける本番組の買い手を探しています。

中止の理由は明らかにされていませんが、複雑な制作経緯が関係しているのではないかと推測されています。ソニーは2019年にローレン・ムーンにシルクのテレビ番組を依頼し、その後2020年にAmazonと共同でシルクを先頭に据えたマーベル作品のシリーズを企画し始めました。そして2021年にはAmazonスタジオがトム・スペシャリー(『ウォッチメン』)をムーンに加えてショーランナーとして起用しました。

その後、2022年にカンがショーランナー、エグゼクティブ・プロデューサー、ライターとして参加し、スパイダーバースのデュオであるフィル・ロードとクリス・ミラー、ソニーのエグゼクティブのエイミー・パスカルがエグゼクティブ・プロデューサーとして加わったシルクが制作が開始されました。その後、シルクには3つの異なるバージョンが存在したと伝えられており、そのうちの1つは不可解にも、シルクを軸にしていないよう構成を変更するよう求められたものでした。

報道によると、Amazonは昨年WGA脚本家組合のストライキを受けてシルクの脚本家チームを再開せず、カンは前向きに受け止められたとされる新しい企画書を用意していましたが、AmazonはIPプロジェクトに関する決断を下し、『ノワール』(ニコラス・ケイジ主演の新たなスピンオフ)を進め、シルクを中止にすることにしました。

『ノワール』は、ケイジが映画『スパイダーマン:スパイダーバース』のキャラクターを再演する実写版番組です。まだ公開日は発表されていません。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/13 14:10:32時点 Amazon調べ-詳細)