Newsaramaより

大注目の新「スター・ウォーズ」シリーズ「アコライト」の最初の2つのエピソードがDisney+で公開されました。すでにエピソードを鑑賞済みの方は、第2話でデビューしたルーキー・ジェダイマスターのケルナッカに興味津々ではないでしょうか。演じたのは、映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」でチューバッカの毛皮姿でも知られるヨーナス・スオタモです。

アコライトは、コミックや書籍でかなり確立された歴史を持つハイ・リパブリック時代が舞台ですが、ケルナッカはテレビシリーズ用に特別に制作されたキャラクターです。とはいえ、ケルナッカは年内に発売される「スター・ウォーズ: アコライト – ケルナッカ #1」でコミックに登場します。ハイ・リパブリックの常連ライター、キャバン・スコットとマリカ・クレスタによって描かれた新作完結編です。

こちらが第1号の3つのカバー(左から右へ)で、フィル・ノト、ビョルン・バレンズ、タカシ・オカザキによるものです。

「アコライト」を過去のコミック、書籍、オーディオ、アニメーションで築いてきた「ハイ・リパブリック」時代に結び付けるのが非常にエキサイティングだったとスコットはio9に語りました。報道したのはio9です。「ケルナッカは、レスリー・ヘッドランドの素晴らしいシリーズの時代からスターライトビーコンの時代、マーチョン・ロの脅威、略奪行為を続けるニヒルをつなぐ完璧なキャラクターです。このコミックでは、ケルナッカのデザインの最も興味深い側面の1つ、彼の謎めいたタトゥーの意味について、さらに詳しく知るでしょう。その過程で、パダワンと、冷静沈着で賢く、光と生命の真の実践者であるマスターの葛藤も明らかになるのです」

「スター・ウォーズ: アコライト – ケルナッカ #1」はマーベルコミックスより9月4日に発売されます。

コミックから生まれた象徴的な「スター・ウォーズ」キャラクター10選をご紹介します。


created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/13 14:10:32時点 Amazon調べ-詳細)