Newsaramaより

メインストリームのマーベルユニバースでは、グリーンゴブリンとドクターオクトパスはスパイダーマンの2大宿敵として広く知られています。しかし、新しいアルティメットユニバースでは事情が少し異なります。5月29日の『アルティメットスパイダーマン』第5号では、ハリー・オズボーンとオットー・オクタヴィアスの全く新しい背景ストーリーが明らかになり、新たなリアリティに大きく異なる現状を設定しています。

読者はすでにハリー・オズボーンに会っていますが、マーベルが8月の『アルティメットスパイダーマン』第8号を予告したことでオットー・オクタヴィアスの登場が示唆されていました。そして、ハリーの背景ストーリーは現在明らかになっており、オットーにも予想よりも早く会いました。その上、『アルティメットスパイダーマン』第5号には、すでにデビューしている新しいアルティメットのカウンターパートを持つ2人の伝統的な悪役、ショッカーとキングピンの起源も含まれています。

ピーター・パーカーと彼の家族は生まれ変わったアルティメットユニバースで確立されており、『アルティメットスパイダーマン』第5号では、ライターのジョナサン・ヒックマン、ゲストアーティストのデイビッド・メッシーナ、カラーアーティストのマシュー・ウィルソン、レタラーのコリー・プティとジョー・サビノによって、コインのもう一方の側面の補完が行われ、一部が大幅に変更された、伝統的なスパイダーマンの悪役の背景ストーリーが明らかになりました。

主に、ハリー・オズボーンと彼がグリーンゴブリンになった経緯について多くを学ぶことができます。この号のほとんどはフラッシュバックで行われます。すでに述べたように、メイカーの陰謀団がニューヨーク市を攻撃し、オズコープ最大の競合相手の1人であるハワード・スタークの息子、トニー・スタークのせいにしたとき、ハリーは父親の会社を継承しました。

新しいアルティメットユニバースを始動した出来事により、ハワードと彼のビジネスパートナーのオバディア・ステインが不在になったため、彼らの会社はウィルソン・フィスクの支配下に入りました。フィスクは以前に『アルティメットスパイダーマン』に登場していますが、ここでは彼が最近ニューヨーク地区のキングピンに昇進した経緯が明らかになっています。

フィスクはハリーを事務所に呼び出し、トニーとハワード・スタークを状況から遠ざけるためにそれを使うことを条件にスターク・エンタープライズを彼に売却すると提案します。ハリーはおそらく同意したはずで、次に彼に会うときにはスターク・エンタープライズの研究所に侵入していて、そこでアイアンマンアーマーの全セットを見つけます。

これがオットー・オクタヴィアスの出番です。彼はハリーの右腕であり、スタークのアーマーとアークリアクターの技術を解読しようとする科学者です。一方、オズボーンはスタークのファイルを調べ、メイカーと彼の超悪役陰謀団、そして世界を支配するための彼らの策略について学びます。


created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/06/23 14:23:42時点 Amazon調べ-詳細)