Marvelより

音楽を奏でおう!
クラコアが崩壊し、X-メンの共存の夢はさらに不可能に思える。だが幸運なことに、ミュータント界が生み出したポッププリンセスが、大衆をひとつにまとめ、自身の背中に大きな標的を描き出す歌を用意している。それが、まったく新しい限定シリーズのコミックブック「DAZZLER」だ。マーベルの期待の新人ジェイソン・ルー(「SENTRY」、「INFINITY PAWS」)と、マーベルの新鋭アーティスト、ラファエル・ロウレイロが描く本シリーズは、9月からX-メンの新しい「From the Ashes」時代として幕を開ける。
アリソン・ブレアは表舞台に立つことに不慣れではない。1980年代、X-メンを離れてソロで大きな成功を収め、「DAZZLER」シリーズで長い間愛された。今、彼女は全く新しい世代にインスピレーションを与えるために戻り、毎晩チケットが売り切れるショーで愛と受容のメッセージを広めている。
彼女のツアーはすべての人に向けられたものだが、舞台裏には彼女の仲間であるミュータント達が集う。セキュリティ責任者ドミノ、パーソナルガードのストロングガイ、一人大道具係マルチプルマン、ドラマーのシャークガール、広報専門家のウィンドダンサーだ。反ミュータントの風潮はこれ以上ないほど個人的なものとなっているが、眩い光を放つダズラーを暗闇に葬ろうとする者にはこの音楽が突きつけられるだろう!
ミュータントとしての誇りを胸に、再び旅へ!マーベルの煌びやかなミュータントソングライター、ダズラーは長年注目を浴びたり浴びなかったりを繰り返してきた。だがついに彼女に脚光を浴びる時が訪れた。ダズラーは新しいワールドツアーに乗り出し、音楽キャリアの頂点と祝賀を飾ろうとしている。しかし、ダズラーが音楽に集中する準備を整えた一方、セレブリティでミュータントであるという彼女の地位と暴力的な襲撃によって、未発のうちから計画全体が棚上げとなってしまうかもしれない…
ルーは「ラファエルと私は、この10年間で最も偉大なショー、ダズラーワールドツアーの裏舞台を皆さんにお見せします」と語った。「ワクワクしませんか?さまざまな人々が彼女のショーを中止に追い込もうとするプレッシャーに直面しているダズラーにとってはそうではないでしょう。しかし、彼女は戦うことなく屈服しません」
「私が記憶している限り、私はずっと2つのことに夢中になってきました。それは音楽と漫画を描くことです。マーベルでのデビューで、2つの情熱を組み合わせられるとは夢にも思いませんでした。しかも、ダズラーのような素晴らしいX-メンのキャラクターと一緒に。チャンスに飛びつくしかありませんでした」とロウレイロは語った。
彼は続けて「ジェイソンの脚本を読んだ時からずっと、『なんて楽しいんだろう』と思っていました。今、ダズラーは私の心の中に特別な場所を占め、描くページごとに彼女が歌っている声が頭の中で聞こえるようになりました」と付け加えた。「このプロジェクトに参加し、すべての読者に彼女を脚光を浴びせ、スーパー スターとしての正当な場所へと引き上げることを光栄に思います」
「DAZZLER」の各号には、アリのノートから生まれたまったく新しい歌詞も掲載されます。
ルーは「彼女の新しいアルバムに収録されている、まったく新しいオリジナルソングに合わせて歌ってください」と付け加えた。「その一部は彼女の元カレについてかもしれません」

「DAZZLER」#1(全4号)
ジェイソン・ルー(作)
ラファエル・ロウレイロ(画)
テリー・ドッドソン、レイチェル・ドッドソン(表紙)
9月18日発売
今年のコンサートとコミックイベントをお見逃しなく!テリー・ドッドソンとレイチェル・ドッドソンのメインカバーをチェックし、お近くのコミックショップで「DAZZLER」#1を予約してください。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/05/24 17:12:08時点 Amazon調べ-詳細)