Newsaramaより

ついにDCの夏のビッグイベントが到来!今週の『Absolute Power #1』は、アマンダ・ウォーラー、フェイルセーフ、ブラニアック・クイーンが世界中のヒーローを根絶やしにする恐ろしい計画を解き放つ、DCヒーロー全員の現状を大きく揺るがすものとなる前哨戦です。

マーク・ウェイドとダン・モラのダイナミックなデュオによる『Absolute Power #1』には、アレハンドロ・サンチェスのカラーとアリアナ・マハーのレタリングによる、たくさんの動向があります。ここでは、この非常に楽しい最初の号の主な出来事をすべて分解します。ただし、最初からたくさんのネタバレがあることに注意してください。

AIは最悪です。そうです。そして、『Absolute Power』では、アマンダ・ウォーラーはそれを利用して、無実の民間人に対する大量のスーパーヒーロー攻撃を偽装し、グリーンランタン、スーパーガール、その他のヒーローの大虐殺の映像を作成します。そのニュースはあっという間に広まり、人々はすぐにヒーローに見向きもしなくなります。暴徒はアニマルマンをほぼ殴り殺し、ドゥームパトロールの本部を焼き払いました。

デイリー・プラネットは真実の最後の砦のように見えます。ロイス・レーンは「検証されていない推測的なコンテンツ」は掲載しないと宣言しましたが、彼女がすぐに発見するように、プラネットにさえ侵入され、サーバーは「外部エージェント」に引き継がれました。

しかし、一般の人々をヒーローに対して敵対させることは、ウォーラーの計画の一部に過ぎません。バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンなどを単に信用を落としても足りません。彼女は彼らの力を奪いたいのです。そこで、アマゾーロボットの出番です。オリジナルのアマゾーは、邪悪なアイボ博士によって作成されたアンドロイドであり(そして私たちの世界では、60年代にガードナー・フォックスとマイク・セコウスキーによって作成されました)、対戦相手の力を模倣できました。ウォーラーは今では、遭遇するヒーローの力を奪うために設計されたアマゾーロボットの戦闘員をすべて手中に収めています。しかも今回は、取り戻す方法がないようです。最後の部分は少し不安です。

この号の初期の衝撃で、上記のポイントに関連するのは、スーパーマンに起こったことです。タイトルページに到達する前に、ランダムな手下はパニックになって鋼鉄の男を撃ったのです。通常はそんな効果はありませんが、全員の力が消失したことで、傷を負い、空から落ちてしまいます。

もちろん、これによってクラークがイベント全体を通して完全にベンチ入りするわけではないことを意味するわけではありません。『バットマン #150』の読者はすでに知っています。控えめなネタバレですが、その号のバックアップストーリーでは、スーパーマンが生きており、現在ブルース・ウェインの保護下にあります。それでも、今のところ彼はウォーラーに大きな脅威を与えることはないでしょう。




created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)