MARVEL 公式サイトより
2014-08-20_022539

オンゴーイング誌のソー:ゴッド・オブ・サンダーがもうすぐ終わりを迎える。
そこでゴッド・オブ・サンダーの最終巻、9月17日のためにガイドが到着!

シリーズは3つの時間軸の3人のソーが1つのミステリーから始まりました。
影と生命から来る復讐心に燃えるゴール・ザ・ゴッド・ブッチャー。
連続殺人を犯す彼をソーは捜し出し裁判にかけるほかないと理解していた。

ゴールの計画は阻止することができなかった。
そして狂人は遥か未来に最後の成果を上げに行こうとする。
ゴッドボムは宇宙であらゆる神を滅ぼすよう設計され、
それぞれの時間軸のソーは強力しなければならなかった。
ゴールの致命的な夢を実現するのを止めるために、
古き王ソーの孫娘が援助に来る。

ゴッドボムの事件が落ち着き、現代のソーは仲間に会うためにミッドガルドに戻る。
この時におけるソーの心の一連は彼にとって人類が意味するものかの調査でもあった。
特にジェーン・フォスターとロズ・ソロモンにおいて。

マレキスと彼のダークエルフ軍に終止符を打つ!
ソーはナイン・リアルムから勇敢な戦士を集う。
しかし、集まった何人かのメンバーは決して信頼できないことが判明する。

若きソーと落ちぶれたドラゴンとの不思議な友情関係が。
敵によって友人が追い詰められる時、ソーは永遠に変わる。

ザ・ラスト・デイズ・ミッドガルドは現代と遥か未来の二つで物語は進展していく。
悪のロクソン社はオクラホマのブロクソンを破壊しようとする。
ソーはヴィランと戦うように悪の会社とも戦わなければならなかった。
一方未来ではギャラクタスがエネルギーを得ようと地球に襲来する!
古き王ソーは決断をしなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です