CBR サイトより
2014-08-24_013652

マーベルは11月にニューウォーリアーズ #12をクリストファー・ヨストとマーカス・トゥによって終了する。
これは必ずしも思いがけないことではなく、7月の#7はおよそ17000部の売上で、マーベルタイトルの従来の死のラインの数千下まわった。
ファビアン・ニシェーザによる最初のシリーズに最も忠実で、明るく芸術的であり、対話のピッチも完ぺきだった。
では何が問題だったのか?
問題の一つは最初のシリーズがすごく良かったこと。
ニューウォーリア―ズがライセンス拘束されなかったために、クリエイティブチームは彼らを進化する自由があった。
彼らは年を取り、コスチュームを変え、名前を変え、発達した新たな力、失う力等、
物語がそれを必要としメンバーは行ったり来たりし、最初のキャンセルの後続いた形態だった。
とても可愛がられていた創設メンバーは育ち、ニューウォーリアーズから抜けていった。
例えばファイアスターやジャスティスは成熟しアベンジャーズとなった。
その時以来彼らは二度と再会しなかった。
ニューウォーリアーズの復活は一部の旧チームだけを特徴とした。。
1つの例えでは1人だけ帰ってくるメンバーがいた。
常に挑戦があったようにニューウォーリアーズが戻る時、ニューウォーリアーズとして最も知られるキャラクターが一緒に戻ることができない。

全文はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です