CBR サイトより
2014-08-29_140912

フランク・キャッスルは長い間、マーベル・ユニバースで犯罪組織の軍隊と一人で戦ってきた。
パニッシャーの敵はより複雑になり、狡猾な秘密のグループで暗い政治権力の中心に潜む敵対し、どう生き残ることができるのか?
それらの質問はライターのネイサン・エドモンドソンとアーティストのミッチ・ゲレイズが答えてくれる?

CBR:
「新たなパニッシャーシリーズはハウリング・コマンドーズの追求から始まりました。
#9でフランクにコマンドーズを送った人々について、若干の手掛かりを与えました。
チームリーダーが2人のあった時、明らかに見た1人と影で見た1人。
ハウラーのリーダー、アダム・トーチア、ミスター・セクレテリーとして影で見えた。
これはアメリカ政府でかなり高い位置にいる誰か、おそらく国防長官のようなフランクに反対するハウアーの運動ですか?」

ネイサン・エドモンドソン:
「それは本当にそうするかもしれない。
しかし、なぜ?」

CBR:
「影の「ミスターセクレテリー」はフランクが死ぬことを望んでいます。
しかしパニッシャーが境界から南に旅でた時、雇われたクロスボーンズは生きてフランクをもう一つのグループに引き渡したかった。
そして彼らの2つの暗いグループにパニッシャーを置くために、クロスボーンズの雇い主が誰であったかについての手掛かりを逃しましたか?」

ネイサン・エドモンドソン:
「あなたが「ブラックウィドウ」に続いているならばクロスボーンズの雇い主は多少明白でなければならない。
それはフランクとナターシャを不意に出会わせた。
しかし、クロスボーンズは2つのグループのために働いていた。
その一つにはフランクがロサンゼルスでの計画を邪魔したグループだ。」

全文はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です