CBR サイトより
2014-09-04_141551

ディズニーはマーベルのコミックであるビッグ・ヒーロー・6をマーベル・シネマティック・ユニバースの向こうでアニメ映画として公開する。
十代の才能ある天才ヒロは亡くなった兄が作ったビニール・ロボット、ベイマックスとヒーロー活動を開始する。
ビッグ・ヒーロー・6のディレクターのダン・ホールとクリス・ウィリアムズによるインタビューが届きました。

CBR:
「あなたがマーベルコミックの「ビッグ・ヒーロー・6」を手掛ける大きな機会を得た時、あなたはなんといいましたか?」

ドン・ホール:
「最初に私は読んだことがなかったので、引きつけられたタイトルだった。
そしてタイトルは私を連れていったんだ。
それは非常に興味をそそった。
「ビッグ・ヒーロー・6?」と私は言った。
それは何だ?
私はそれをこれまで耳にしたことがない。
それから私は日本のスーパーヒーローチームを見た。
そして彼らを認めた。
サンファイアにシルバーサムライ、そして私が最も感銘を与え楽しみであった。
キャラクターは非常に魅力的で面白い。
ワサビやその他は全部日本の文化に対する愛情だった。
私たちは大きな宮崎駿ファンだ。
多くの人がアニメが好きで、我々はアニメが好き。
その作品はこの場所が本当に適切だと感じた。
そして、子供とロボットの関係を巧みに作るというアイデアは、それとともに我々は走ることができた。」

クリス・ウィリアムズ:
「我々は挑戦することが確かに好きです。
そしてこのようなストーリーのアイデアはアニメの影響があって、彼の兄弟を失う子供について本当に挑戦的なストーリーで、ロボットが代わりの兄弟となる。
それに本当に興奮した。
そして、我々はそれが最終的に見える状況を知らなかった。
我々はその映画を見つけるアイデアによって難詰した。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です