MARVEL 公式サイトより
2014-09-12_143927

マーベルの最大のスーパーヒーローチーム、アベンジャーズ。
アベンジャーズ ナウ!にてアベンジャーズ・マンションのホールにいくつかの新しい顔が登場する。
ヒーローとして絶えず変わって拡大した名簿は、過去50年に渡るアベンジャーズの標準となった。
しかし、後任のメンバーの何人かが奇妙に思うような人物も参加した。
古今のもっともありそうもなかったアベンジャーズの6人を年代順で示す!

1.ホークアイ
アベンジング・アーチャーとして知られているホークアイ。
あなたは彼の前後関係を知る必要がある。
時にホークアイはトリック・アローによってアイアンマンを悩まし、ブラック・ウィドウの愛のためにヴィランとして活動していた。
アベンジャーズへの彼の誘導は当時本当に頭を掻かせた出来事だった。
ホークアイは真価を発揮し、チームの決定的にメンバーになるだけではなく、いたるところでヒーローとして激励 される。

2.ドクター・ドルイド
1人の神秘的な魔法使いもアベンジャーズに参加した。
その点はドクター・ストレンジをチームは得ようと何十年もしてきた。
そして彼の代わりにドクター・ドルイドが参加した。
彼はスーパーヴィランのラヴォナに洗脳されて、アベンジャーズとしての大部分を過ごした。
結局彼は洗脳から逃れるも彼の評価は傷つけられた。

3.サンドマン
スパイダーマンのヴィランの彼がマーベル・ユニバースで最も突出したスーパーヒーローチームの呼びメンバーとしてアベンジャーズ #329で登場した。
しかし、サンドマンの良き意図は結果が出なかった。結局サンドマンはキャプテン・アメリカに解雇された。

4.デスクライ
90年代のあらゆるスーパーヒーローチームは彼らの名簿に悪い少女を必要とした。
そして、エイリアンのデスクライはアベンジャーズに参加した。
アベンジャーズのシーアーに指定された保護者として、デスくらいはチームをクリーから守ることを優先した。

5.ウルヴァリン
カナダ人のウルヴァリンは古今のX-MENで最も知られているかもしれない。
そしてニューアベンジャーズの1人としてミュータントを参加させた。
主にキャプテン・アメリカ自信がローガンがありそうもないアベンジャーであるという考えで、ウルヴァリンはこのリストに入った。
彼はチームにウルヴァリンが必要だというアイアンマンと決定を討論するが、彼の殺人も辞さないという人物がチームに必要だと、過去の出来事から示した。

6.EX・ニヒロ
時々彼らはヴィランをとる。
EX・ニヒロは拡大されたアベンジャーズに対する大きな脅威として壮大なデビューを果たす。
彼は全てを破壊しゼロから地球を作りなおすと脅迫。
それで、素早く接近している情けのないブイルダーズの脅威に対処すべく、スティーブはExニヒロと彼の妹のアビスまで拡張した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です