CBR サイトより
2014-09-16_193227

ライターのゲリー・ダガンのインタビューで「デス・オブ・ウルヴァリン:デッドプール・アンド・キャプテンアメリカ」のワンショット、「デッドプール」のソロシリーズで「アクシス」について明かす。

CBR:
「「デス・オブ・ウルヴァリン:デッドプール・アンド・キャプテンアメリカ」は「デス・オブ・ウルヴァリン」イベントへの調査するワンショットです。
どのようにこの一冊は起こりましたか?」

ゲリー・ダガン:
「ウルヴァリンが2015年に我々と動かないと聞いた時、私は何かを投げた。
私は「キャップ、ウェイド、ローガン」を再開させることについて考えた。
しかし、それはウルヴァリンの死体となった。
それはほんのわずかな「バーニーズ あぶない!?ウィークエンド」状態のウェイド・ウィルソンと老人のスティーブ・ロジャースになった。
しかし、それは非常に深刻になった。
それがあまりに不真面目であったためにその考えを早くも断念した。
あなたは「デッドプール」でその仕事を作ることができる。
しかし、私は確かに作りたかった。
そして、私のエディターは読者にローガンがウェイドに何を言ったか示した物語を与えた。
そしてロジャースとそうするよい方法とは?
彼らは私がウェイドを北朝鮮での冒険で人間らしくしらと思う。
これは確かにロジャースとデッドプールのための精神的なエピローグです。
そして場合によってそれはある日、非常に重要な本になるかもしれない。
私がちょっと腹立たしさをもつメモであることうを知っている。
しかし、私がそれがわかった方法に本当に満足だったことは何か、そしてソコット・コリンズは芸術に関してそれを殺している。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です