CBR サイトより
2014-09-20_031223

大多数のマーベルのフィクショナルの世界に知られていない、積極的で、強力で、危険な暗殺者の秘密の仕事は長い間マーベル・ユニバースの影で動いていた。
雇われの殺人者はこのアサシンズ・ガイドのための有利なビジネスであることが分かった。
そのメンバーは彼らの仕事に干渉するコスチュームのヒーロー達が気に入らないのも無理はない。
そしてあれらはエージェントを殺害し、契約を盗む独立した殺人者はさらに猛烈だ。
クロー岬の伝説的な暗殺者。
今年始めマーベルの現在の「エレクトラ」シリーズの最初のストーリーでキャラクターはクローを保護するという契約を受け入れる。
そして、今週の#6から始まる2つ目のストーリーで彼女は良い罪であると理解しようとする。
ライターのヘイデン・ブラックマンとエレクトラの戦いについてインタビューする。

CBR:
「ヘイデン、「エレクトラ #5」での大きな本性から始めましょう。
タイトルキャラクターの精神が痛み、嫌気、悲しみ、後悔によりひねくれる。
あなたはエレクトラがどのようにその精神的な重荷を担ぐのかについて我々に何を話すことができますか?
彼女の内部はどれくらい混乱しているのか、または彼女は自分自身がそれを内省的にするのを許しませんか?」

ヘイデン・ブラックマン:
「私は彼女が内側での混乱に気づいていると確信している。
それを十分知るために他の誰もがそれを取り除くことができない。
そして、それは彼女がブラッディ・リップスをそれのすべてであふれさせる理由だ。
彼女は封じ込めておくすべてが彼の膝にブラッディ・リップスのような誰かを持ってくると思う。
それは言った、彼女は2つの方向でそれのすべてに対処すると思う。
そう危険に専念することで、彼女はしたことと向き合う必要はなくなる。
そして、少ない「良い」選択にしがみつくことによって、彼女は過去に作られる。
ブルズアイを破る、フォギー・ネルソンをいたわる、マット・マードックと彼女の関係。」

全文はこちら 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です