MARVEL 公式サイトより
2014-09-26_193405

デス・オブ・ウルヴァリンの後に続くローガン・レガシーでX-23に登場し、10月に書店にくる。
それ以前に5つのウルヴァリンとX-23の激しい歴史を振り返ろう。
1.アンキャニー・X-MEN #451
X-MENとローラの初の遭遇は、握手よりも切り払うことの方が多く含んだ。
ミュータントチームはミュータントにテーマを与えられたナイトクラブのウェイトレスとして働くX-23にフォーカスを当てられ、なぜ彼女がウルヴァリンのあまり知られていないコスチュームを来ているのか説明した。
二人はしばらく応酬し、X-23はウルヴァリンの顔を切って優勢を得ることもあった。
結局、ローガンは彼女をけなして彼らの騒がしい関係を開始した。
2.X-FATOR #26
結局X-23はエグゼビア大学へと進み、彼女はニューX-MENのティーンに加わった。
ウルヴァリンが彼女をハンターとファイターの合わせたチームに徴兵した。
彼らの任務、ケーブルと呼ばれるミュータントソルジャーを捜して連れてくること。
3.X-FORCE #1
ウルヴァリンの合わせたチームがX-FORCEと呼ばれる公式のチームになった時、X-23名簿上にとどまった。
これは両方のミュータントが一緒にチームに努めたいと最初を祝った。
そして、彼らが上がった危険性はヒーローと同じくらい厳しくて汚いわずかな片鱗でしかないことがわかった。
4.X-23 #1
2人はX-23のオンゴーイングシリーズのデビューで最初のストーリーで全く異なる方向の相互作用をした。
今回のウルヴァリンの悪魔的展望はローラの夢に取り付いて、彼女を地獄に置き彼に加わるよう訴える。
悪意のある軍隊がX-23にX-MENの島を家に出発することを強制し、より多くの夢と記憶は続く。
5.X-23 #11
彼女の狂戦士の怒りは起き彼女に外傷を与えて露出し、ガンビットはウルヴァリンに彼女へ訪問するよう頼む。
2人はパリで再会したが、不可解な干渉人はローラのアップグレードされた引き金を晒すことにより、ヒーリングのプロセスの停止について説明した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です