CBR サイトより
2014-09-30_150524

ウルヴァリンと彼の若い遺伝子のクローン、ローラ・キニーは彼女のコードネームがより有名でX-23は何年にもわたり今はマーベル・ユニバースで別々の経路を歩いた。
しかし、それは父と娘ほど親しくないことを意味しない。
「ローガン・レガシー #2」のライターのティム・シーリーよるインタビューを実施。

CBR:
「ティム、あなたは数年マーベルのために『アントマン & ワスプ』のリミテッドシリーズを書いた。
しかし、あなたは独立した仕事で最も有名なDCコミックスのバットタイトルを最近より多くしている。
マーベルとウルヴァリンの死の余波のような大きなイベントを調査することでで戻るのは、どのように感じますか?」

ティム・シーリー:
「これらのキャラクターに取り組むことは常に喜びだ。
そして現在私には『バットマン・エターナル』の仲間ならびにチャールズ・スーレとマーガレット・ベネットと愉快なものを始める更なるボーナスがあります。
本についての素晴らしいものは「連続性」がいく限り、我々が調和する必要がなかったということだ。
これはより一層主題のクロスオーバーだったので我々自身のすることに多くの余地があった。」

全文はこちら 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です