COMICBOOK.com サイトより
2014-10-02_150046

ここ最近の週で、彼の新しい映画キル・ザ・メッセンジャーのプロモーションの間、俳優ジェレミー・レナーはアベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロンは彼が7つものマーベル・スタジオ・映画で主演しているかもしれないとMTVをからかった。
そして、そのインタビューにおいて彼がマーベル・シネマティック・ユニバースでヘッドランニングの役割がないことで大丈夫であると認める。
新しいインタビューにおいてもう少しはっきりしたようになった。
レナーは彼がアベンジャーズ1-3にサインし、「彼らがホークアイの副産物をしたい場合に備えている」とスクリーンラントは報告した。
当然のことながらそれは聞いたことないこともなかった。
レナーが今すぐにキャプテン・アメリカ3のどんな更なる話しに対して警告されたようである。
キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャーでは遠ざかったが、彼はそれが次にまわりで問題ではないかもしれないと提案した。
我々がいつでもすぐにレナーを単独のスーパーヒーローとみなすより、キャプテン・アメリカ3が契約においてホークアイに代わることができたかどうかはより大きな問題である場合がある。

アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
ロバート・ダウニーJr.
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2012-12-19


ホークアイ:マイ・ライフ・アズ・ア・ウェポン (MARVEL)
マット・フラクション
小学館集英社プロダクション
2014-08-27


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です