MARVEL 公式サイトより
2014-10-02_164846

MARVEL.comではマーベルの75周年を祝って1年中祝い続けて、我々は1990年代に辿り着いた。
今週我々は1990年代の間にデビューするトップ10のマーベルヒーローをカウントダウンする。

10.ゴーストライダー(ダニー・ケッチ)
初登場:ゴーストライダー(1990) #1
なぜ10位か:「いわゆるレガシーヒーローはマーベル・ユニバースでほとんど生き残らない。しかし、ダニー・ケッチは例外だ。
第二のゴーストライダーは1990年にデビューして、すぐに彼自身のコースを切り開いた。
炎を上げるチェーンが彼のあたりを素早く動き、アンチヒーローはスパイダーマン、X-MEN、特にパニッシャーと衝突した。
しかし、多くの場合ライダーは彼の妹を殺したヴィラン、ブラックアウトのために彼の復讐をとっておいた。
ケッチは彼が最初のライダーのジョニー・ブレイズが長い間行方不明だった兄弟であるとすぐに知る。
そしてその一組は神秘的なチームがミッドナイト・ソンズであると知って協力した。」 – キール・ペグリー
デジタルコミックでのスポットライト:ゴーストライダー(1990) #5

9.スカーレット・スパイダー(ベン・ライリー)
初登場:ウェブ・オブ・スパイダーマン #118
なぜ9位か:「ヴィランがスパイダーマンを滅ぼすために作られ、ベン・ライリーとして知られるようになるクローンには簡単な出口をとるあらゆる理由があった。
ピーター・パーカーを殺害してかれの人生を盗む。そして、誰よりも賢明なものではない。
しかし、結局ライリーは非常にピーターを殺す事か、『大いなる力には、おおきなる責任が伴う』の原理を拒絶するには彼のDNAと記憶を共有した男にはできなかった。
しかし、彼が持つことができなかった生活で深く悲しんでいるままにしておかれた。
一人でまたはニューウォーリア―ズで彼の遺伝子の双子とならんでライリーはスカーレット・スパイダーのコスチュームを身につけて、人々を守った。」 – ティム・スティーブン
デジタルコミックでのスポットライト:ウェブ・オブ・スパイダーマン #122


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です