MARVEL 公式サイトより
2014-10-04_221543

レディ・デスストライクは生命がないローガンの命を悼むだけ で殺さなかった。
ライターのマーガレット・ベネットは11月デス・オブ・ウルヴァリン:ローガン・レガシー #4でレディデスストライクの怒りを見る。
復讐の満足感を与えられないでヴィランは新しい目的を見つけなければならない。
そして彼女は選択する。
ベネットも人が彼らの動機づけを失うとき、起こることの話しの上でアーティストのジャン・ドゥーと送る。

MARVEL.com:
「私がローガン・レガシーをチャールズ・スーレとマイク・マーツと議論した時、チャールズは明らかにした。
『私の章はティムまたはカイルまたはマーガレットのものを何も読まない。
私の心にとってそれは良いことだ。
ローガンは多くの異なるものであったので彼の遺産を守っている一組の物語にはその同じ感じがなければならない。』
あなたはレディ・デスストライクのストーリーでどんなバイブを提供しようとしていますか?」

マーガレット・ベネット:
「レディ・デスストライクのストーリーは本質的に一種の復讐劇で恐怖物語の本質的種類です。
それらの要素はキャラクターにとてもしみついていて、彼女が世界に移住する彼女の個性と方法でとても有益です。
彼女が目的ローガン殺すことを奪われたので、ローガンが死んでいるためにレディ・デスストライクは激怒しています。
彼女の人生の勢いのすべては切られ、この物語は彼女の反応です。
それは何としても狂暴で、もちろん、犯罪、一部恐怖、一部復讐、一部悲歌を分けています。」

全文はこちら


Charles Soule
Marvel
2015-01-20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です