CBM サイトより
2014-10-27_132720

若干コミックブック映画は授与される重要な称賛と彼らの財政的成功にも関わらず、それらはまだ冷遇されたジャンルである。
ダークナイト・トリロジーはそれで耐え、そしてこれは主題でありウィンター・ソルジャーのディレクターであるジョーとアンソニー・ルッソは非常に熱心であると感じる。
「コミックブック映画ジャンルがその経済的メリットに関してだけとても考えられるのは奇妙だ。
はい、それはとても人気があって、成長するために続く、そして、はい、これらの映画のボックスオフィスの成功は彼らのメリットをしばしば気恥ずかしいほどに上回ることができる。
しかし、クリストファー・ノーランがおそらく最初に証明したので、本当に価値がある映画製作はジャンルで成し遂げられることができる。
全体としてジャンルを拒絶しようとする反応は、人々とにとって少し悲しく、ジャンルの平凡であるか貧しい例さえ生み出すことができる大きい文化的存在と予想に耐えなければならないことは、一見悪くなったようだ。」
ジョー・ルッソは最近のインタビューにおいてデッドラインを話す。
「彼らの偏在性のためにコミックブック映画を冷遇することは、ウェスタンをマチネー飼料として退けることと同スリだ。」
と彼はアカデミー候補に挙げられることに値する映画を決める方法に大きな欠点を指し示して付け加える。
ジョーはキャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャーが可能性があるかと言う質問に対し、
「それは非常に面白い質問だ。
私はあなたがすべてのそれらの賞の授賞式を見ると思う。
支持の全部のプロセスがそれらの賞のためにあるかい?
マーベルへの賞の価値は何番かな?
そして、なぜ彼らはその道にそっていくことを要求されるお金を使わなければならないのか?
ボックスオフィスをつくる?
彼らはボックスオフィスをすでに持つ。」
一方アンソニーはコミックブックにも関わらずキャプテン・アメリカが影なき狙撃者とフレンチ・コネクションのような映画に影響されたという事実のために、多くのコミックブックと異なると指し示す。
「それは本当の映画で、本当の映画作製だ。
そして、映画がそうであることの条件と我々の経験がそうであることにおいて、本当に高い抱負がある。
それには、最も深いレベルの上で観衆と連絡を取るという映画製作者側のあらゆる意向がある。」


キャプテン・アメリカ:リボーン
エド・ブルベイカー
ヴィレッジブックス
2014-10-30


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です