CBM サイトより
2014-11-13_024007

ベネディクト・カンバーバッチが2016年のドクター・ストレンジを演じると確かめられる中、結局会談が失敗に終わった俳優・ホアキン・フェニックスはあるところでソーサラー・スプリームについて交渉していた。
プレイボーイによるインタビューではキャスティングの噂についてようやく述べた。
「私はそれについて話すことができない。
私は年を通して色々な映画に会った。
彼らの一部について魅力があることは私の快適な領域の外に押しのけて出るアイデアだ。
しかし、本当にそれは私が常に探しているものだ。いいキャラクター、大きなアイデアと情熱的な映画製作者。
それらのものがいくらかでも映画の協力者になるならば、私はそれに関心がある。」
彼がこれまでに大きい映画での役が小さくなったことで残念に思ったかどうか尋ねられると、
「私が断ることを残念に思う映画が1つだけある。
結局それをすることになった人がとてもよくて、それをするはずだったこと以外で残念なことは少しもない。
私は言うつもりはない。そしてそれは本当に大きいヒットだった。
彼らがどこでかなり適切な映画を製作しているか要点に触れている。
私はアイアンマンが素晴らしいと思った。」
さらにフェニックスがどんなコミックで育ったかについて尋ねられると、
「若干のすばらしいバットマンと古典的なフランク・ミラーとアーカム・アサイラム。
しかし、私は常に大きなウルヴァリンだった。
私はウルヴァリンを愛している。
大きく偉大な劇的な人物。
彼らはすべてに衝突し、彼らは本当に面白い。」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です