CBR サイトより
2014-11-15_145005

今週はマーベル・コミックスの編集長アクセル・アロンソの代わりにトム・ブレヴォードがインタビューに答える。

CBR:
「トム、今週キャップとしてのサム・ウィルソンの初の完全な巻、『オールニュー・キャプテン・アメリカ #1』が発売されました。
マーベルのあなたの時間にキャラクターへの変化、引き受けられている多くの異なるアイデンティティ、異なる覆いを引き受けているヒーローの大変さを見た。特になにがこれをあなたに意味があるようにしますか?
そして、バッキーがキャップだったことからより異なる方向で意味がありますか?」

トム・ブレヴォード:
「えぇ、私は2つの面がそれにあると思う。
ストーリーの面とより大きな現実の面がある。
ストーリーの面はキャプテン・アメリカになっているサムをスティーブが選んだという事実。
スティーブは彼にシールドを手渡して、『あなたは戦いを続ける』と言った。
過去にはそれがバッキー、またはU.S.エージェント、またはキャプテン・アメリカとなった他の人のどれもがあったにも関わらず、彼らの誰もスティーブ自身に選ばれなかった。
サムの能力とキャラクターに対するスティーブの信頼と彼への尊敬について話す。
それで、私にとってそれは根本的な世界だ。
それはエルヴィスが言っている『現在、あなたがキングであってくれ。』と対照的に他の誰かが言った『その人は現在キングだ。』」

全文はこちら 


キャプテン・アメリカ:リボーン (MARVEL)
エド・ブルベイカー
ヴィレッジブックス
2014-10-30


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です