CBM サイトより
2014-11-16_135655

ディズニーが所有するマーベル・スタジオとワーナー・ブラザーズが週有するDCコミックスが基本的にここ数年の間、戦争であったことは秘密ではなく、両社はなんとか10臆ドルの映画の巨大な収入に変わることができた。
2015年~2020年にDCに10作品ある間、マーベルは11の映画を、ソニーのスパイダーマン映画、FOXのX-MEN映画を含まずにセットする。
大多数の最近の焦点は彼らの将来の映画によるライセンス収益。
たとえそれが派手に聞こえないかもしれないとしても、彼らの映画収益は重要であるように、ライセンス収益も当然重要だ。
しかし、彼らの映画競争の現状、これらはマーベルが支配するもう一つの面で最も人気のヒーローであるスパイダーマン。
昨年マーベルはスパイダーマン製品で13億ドル相当を売り、アベンジャーズから作ったものでは3億2500万ドルでおよそ4倍。
一方DCは終わった彼らの競争を続けるのに苦労した。
2番目に人気のヒーローであるスーパーマンでおよそ2億7700万ドル、最も人気のバットマンで4億9400万ドルであった。

BUqziJk



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です