CBM サイトより
2014-11-22_125506

不規則なほとんど反対の振る舞いのキャラクターを観察し、報告し続ける。(アクシスを客観的に見た視点)

ナイトクローラー
カート・ワグナーはミュータントの中で長く有名だった。
ワグナーは個人、ミスティークとビクター・クリードへの複数の攻撃に従事した。
両社とも長い時間犯罪者であり、彼ら自身の広範囲なひどい事件で知られている間、彼らのいわれのないワグナーの攻撃は注目に値する。
彼には最大の痛みと恐れを生む前に決してしない方法で彼の才能を使っている。

セイバートゥース
彼は通り見知らぬ人に援助するようなことをしていて、彼が人を殺す機会を逃している彼の最近の報告がとてもひどく柄にないと主張する。
その上彼は数人のヒーローと関わって汚され、その人はまだ彼らの普通の状態と一致したふりをしている。

結論
各一時的な日に起こった孤立していない事件だったことがますます明白になっている。
犯罪を犯しているか、コスチュームで罪のない人の役に立つ経歴を越えて、これらの「犠牲者」は共通している。

Rick Remender
Marvel
2015-03-10


Marvel Comics
Marvel
2015-06-02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です