CBRより

マーベルは新たなミニシリーズ「シンビオート・スパイダーマン」を発表した。シリーズはライターのピーター・デイヴィッドとアーティストのグレッグ・ランドによって描かれ、シンビオートに寄生されていたブラックコスチューム時代のスパイダーマンを描く。最初の号ではこのタイミングで戦ったことがないヴィラン、ミステリオとの対決を描いていく。

ブラックコスチュームは「アメイジング・スパイダーマン」#252で初登場し、入手した経緯を「シークレット・ウォーズ」で描いた。ヴィランとの戦いでボロボロになったコスチュームを着替えようとしたスパイダーマンは、コスチューム複製機と間違ってシンビオートと結びつき、便利なコスチュームを得たと思って地球に帰還した。

「シンビオート・スパイダーマン」#1は4月より発売予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です