CBRより

DCは5月1日に発売するヴィランを主役としたワンショット「イヤー・オブ・ザ・ヴィランズ」を発表した。5月4日に行われるフリーコミックブックデイに合わせ、ワンショットはわずか25セントで発売される。コミックはDCヴィランを祝うだけでなく、来年に向けてのストーリーやイベントに繋がるストーリーが描かれる。クリエイティブチームはスコット・スナイダー、ジェームス・タイニオン4世、ブライアン・マイケル・ベンディス、アレックス・マリーヴ、ジム・チャン、フランシス・マナプールとなり、スーパーマンとジャスティス・リーグについての続きと今後のストーリーが含まれ、バットマンでは「シティ・オブ・ベイン」への手がかりを提供する等、2019年後半から来年にかけての新たなストーリーを設定する。4つのカバーが公開されており、メインカバーにはバットマン・フー・ラフス、ベイン、レックス・ルーサー、チーター、パーペチュアが描かれている。

「イヤー・オブ・ザ・ヴィラン」は5月1日より発売予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です