マーベルは「ドクター・ストレンジ」の新たなストーリー「ヘラルド・スプリーム」を発表した。ライターのマーク・ウェイド、ライター兼アーティストとしてバリー・キットソン、アーティストのスコット・コブリッシュによって描かれ、ギャラクタスはドーマムゥと協力し始め、マルチワールドにとってこれまで以上の脅威となる。ストレンジはクレアと協力してこの脅威に対処する。

このストーリーは何よりも「大きい」ものになるとエディターのニック・ロウは約束している。

「ヘラルド・スプリーム」は6月より発売される「ドクター・ストレンジ」#15より開始。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です